低用量ピルで旅行に困らない

低用量ピルの効果をご存知ですか?もちろん避妊効果は第一として、そのほかの利点を知っている方はなかなかいないと思います。利点の一つとして生理周期の変更があります。旅行当日と生理予想日がかぶっていても低用量ピルで生理を遅らせることができます。

低用量ピルで旅行に困らない

低用量ピルにより生理周期が変わるわけ

低用量ピルは、避妊薬として使用されますが、生理周期の安定や生理痛の軽減など、さまざまな効果があることが知られています。低用量ピルを賢く活用するために、その仕組みを理解しておきましょう。低用量ピルには、2種類の女性ホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。ピルを服用すると、血中のホルモンが増えるため、視床下部が排卵後であると判断して、新たな排卵が起こらなくなります。生理は、卵子が受精しなかった場合に、子宮内膜がはがれて月経血となって体外に排出されたものです。子宮内膜は、女性ホルモンによって、着床に備えて徐々に厚くなり生理前には1cmほどにもなります。低用量ピルに含まれている女性ホルモンは、子宮内膜を厚くすることはありませんが、生成して維持する作用はあります。このため、休薬期間中には子宮内膜が維持できずに、消退出血として排出されます。低用量ピルは、21日間実薬を続けて服用し、7日間偽薬を服用または休薬しますので、規則正しい生理周期になるのです。低用量ピルの服用により、子宮内膜の厚さが抑えられるため、すり抜け排卵が起こった場合にも、受精卵が着床しにくくなり、避妊効果が上がることになります。増殖した子宮内膜には、子宮を収縮させて痛みを引き起こす物質が含まれますが、子宮内膜が厚くならなければ、この物質が少なくなり、生理痛も軽減します。また、出血量は少なくなったり、出血量がゼロになることもあります。このため、低用量ピルは月経困難症の治療に使われることもあります。この他にも、生理前のイライラがなくなったり、肌荒れの改善、子宮体がんや卵巣がんの予防効果などもあります。服用をやめると、排卵が再開して妊娠可能ですので、安心して使用できます。

低用量ピルをしているに日本人女性の割合

ピルとは女性側が使用することが出来る避妊をするための内服薬のことであり、女性ホルモンをコントロールして排卵を抑制する効果を持っています。これによって性行為を行っても妊娠しにくくなるようにすることができるので、女性側が積極的に行うことができる避妊薬として注目されています。ただ、通常量のピルの場合は副作用などの問題があることから懸念されている部分も多く、そのため最近では通常のものよりもリスクが少なく確実に避妊することができると言われている低用量ピルの方が使用されていることが多いとされています。そして低用量ピルは全世界で1億人の人が利用していると言われており、非常に多くの人達が利用しているのですが実は日本女性の使用割合は1パーセント程度だと言われています。つまり全世界での使用割合と比較すると非常に普及率が低いと言うことになっており、あまり使用されていないと言うことが分かります。では何故日本での低用量ピルの使用率が悪いのかと言うと、日本での避妊の方法の常識が世界とずれているからだと言われています。日本では男性主体でのコンドームの使用が一般的な避妊とされており、女性側がピルなどを服用すると性風俗などを疑われてしまったりすることがあり、あまり使用されていないのです。また、日本での低用量ピルに関する認識に誤りがあることが多く、正しい認識を持っている人が少ないと言うところも理由となっています。このような問題から日本での普及が進んでいないのですが、最近では正しい避妊を伝える動きがみられており、低用量ピルに関する認識もしっかり勉強してほしいと言う声が日本国内でも増えてきている傾向が見られていると言われています。

海外での低用量ピルの認識

諸外国での低用量ピルに対しての考え方は、我が国とは大きく違って、女性が自身の健康管理のために、当たり前に服用する、いわばサプリメントのような位置付けといっても過言ではありません。テーンエイジャーの女子を子供に持つ母親は、ボーイフレンドができたら、低用量ピルの服用を勧めるということも当たり前のように行われていますし、高い避妊効果がある素晴らしい薬として、男性も評価しています。低用量ピルには、避妊効果だけではなく、女性の身体をコントロールしやすくする効能もあるので、生理周期が安定することにより、いろいろな恩恵がもたらされ、生活の質は格段にアップします。しかし、我が国においては、残念ながらまだまだ諸外国の水準には届いておらず、男性の中には、ピルを服用している女性は性に対して奔放で、遊んでいるといった偏見や、女性の中には、ピルは怖い薬といった勘違いをしている人も多いようで、それほど広くは浸透していません。低用量ピルは、以前日本に流通していたような中用量ピルとは違って、副作用がほとんどなく、大人ニキビ治療や更年期治療にも利用されているほど万能な医薬品で、女性が快適に毎日明るく過ごせるような効能が期待できる素晴らしいものです。ホルモンバランスが整えられるということは、肌も若々しく美しくなるし、生理も楽になるなど、女性の美容と健康、両方のコンディションを整えてくれる頼もしい助っ人です。望まない妊娠を回避し、身体に負担をかけないように対策を取ることも、将来元気な赤ちゃんを産み育てるためにも大切なことで、乱れがちな生理周期を安定させることは、不妊を回避するためにも意味のあることなのです。低用量ピルはとても安全な薬なので、もっと積極的に取り入れるべきなのではないでしょうか。
個人輸入代行サイトを利用してトリキュラーを通販しよう
<低用量ピルの定番はヤーズで決まり>
ノーフェア72
<性行為後でもアフターピルがあれば安心!>