低用量ピルの効果をご存知ですか?もちろん避妊効果は第一として、そのほかの利点を知っている方はなかなかいないと思います。利点の一つとして生理周期の変更があります。旅行当日と生理予想日がかぶっていても低用量ピルで生理を遅らせることができます。

低用量ピルで旅行に困らない

OCと呼ばれる低用量ピルで生理の出血量を抑える

OCとは服用するタイプの経口避妊薬、つまり低用量ピルのことです。

OCは女性ホルモンの合成薬であり、毎日続けて飲むことで避妊効果を得られるものですが、OCに含まれる女性ホルモンのおかげで女性特有の様々な体の不調にも良い作用があるとして多くの女性が服用しています。

基本的には避妊目的で服用するものですが、その他の作用としてPMSや子宮内膜症などの緩和や、生理の際の出血量を減少させる効果もあるため、それらの不調を改善するために服用している女性もいます。

出血量が多いことを月経過多と呼びますが、子宮内膜が過剰に生成されることによって大量に出血して下着や服を汚してしまうなどの不便さを改善してくれることにつながります。

また、加齢によって女性ホルモンが減少することによって起こる更年期障害や骨粗鬆症などを低用量ピルを服用することで軽減する効果もあり、子宮体がんや卵巣がんが発生するリスクなどを下げる作用もあります。

低用量ピルは、婦人科などで検査を受けて服用することに問題がないと判断されれば処方してもらうことができます。

生理期間の7日間を除いた21日間飲む21シートタイプと、7日間分だけホルモン剤が含まれていない薬が含まれている28日間シートタイプなどがあり、28シートタイプは飲み忘れを防ぐので低用量ピル初心者に適しています。

ただ、飽くまで薬ですので、場合によっては頭痛や吐き気、胸の張りや腹痛などの副作用が表れることがあり、薬に慣れてくるとだんだん落ち着いてきますが、いつまでたっても副作用が亡くならない場合には処方してもらった婦人科で別の種類のピルに変えてもらうようにするのが望ましいでしょう。

生理が重い人や、出血量が多くて毎月困っている人には非常におすすめと言えます。